株式会社ニューテック康和  
ホーム 会社概要 施工概要・施工実績 補修・補強材料の販売・施工 お問い合わせ
ニューテック康和ホーム > 施工概要・施工実績 > 取替・架設
補修・補強材料の販売・施工
主な業務内容
調査・診断
補修
補強
既設構造物の維持
既設構造物の改善
取替・架設
道路の維持管理
一般土木工事
その他の工事
施工事例「本社・北陸」
施工事例「大阪」
施工事例「本社・千葉一般土木」
施工事例「本社・千葉一般土木」
施工事例「山口」
その他
 
取替・架設
~鋼橋のコンクリート床版取替工法<プレキャストPC床版>~
本工法は、耐荷力の低下や不足が生じ取替えが必要になった鋼橋のコンクリート床版を、耐荷力を満足させるためにプレキャストコンクリート床版に取替える工法です。場所打ち施工に比べて交通規期間の短縮を図ることができます。

施工概要
プレキャスト板と鋼板との取合いは、スタッドジベル(又は結合金具)及び超硬性無収縮モルタルを用いて床版と鋼桁とを一体構造とします。橋軸方向にはプレストレスを導入しPC構造とします。1回(1日)の取替量は橋軸方向に6m~8m(プレキャスト版3~4枚)程度です。


施 工 例
夜間交通規制による例
(1)鋼桁上面のジベル筋の
   撤去後ケレン
(2)プレキャストRC版架設
(3)PC鋼材挿入後プレスト導入
(4)結合金具取付後
   無収縮モルタル注入
全面交通規制による例
(1)機械による床版撤去および
   プレキャスト版架設
(2)ずれ止め筋、高さ調整、
   浮き止め金具
(3)プレキャスト版架設完了
(4)縦方向PCケーブル定着部
このページのTOPへ
~舗装取替工法<ホーンジョイント工法・水平ジョイント工法>~
本工法は、工場で製作した高品質なプレキャスト版を現場に運び、敷き並べ、これらを“ジョイント”によって結合し、組立て舗装を作るもので、解体、再組立てが自由にできる舗装工法です。長時間に亘って交通を止めることができない道路、空港、ヤードなどにおける既設舗装の打替え工事に使用されています。
施工順序
1. プレキャスト版の現場搬入
2. 敷設及び目地部の段差補正
平坦に仕上げた路盤上に版を敷き並べます。接合面の段違いは、段差補正用の治具を用いて簡単に補正することが出来ます。
3. 結合、組立
結合鉄筋を挿入し、急硬性のグラウト液を流し込みます。約2時間で使用が可能になります。
4. 裏込グラウト
版に設けられているグラウト孔に、約1mの高さから急硬性のグラウト液を流し込みます。版の下面と路盤との間の隙間が完全に充填され、約1時間後には供用することできます
5. 目地工
接合縁の上部に設けられている目地溝に、注入目地材を注入する。

施 工 例
トンネル内舗装 空港舗装
道路舗装 空港舗装


沈下した空港舗装版の管理修復(リフトアップ工法)
我が国では埋立地や高盛土部の軟弱地盤上に空港を建設することが多くなってきており、この場合建設後の地盤沈下が予想されます。この対策として可撓性にすぐれているPC舗装版でのリフトアップ工法が開発されました。リフトアップ工法はその沈下変形した舗装版を集中管理した多数のジャッキによって安全にしかも急速に持ち上げる工法です。この工法は運輸省港湾技術研究所と共同で開発したものです。

作業プロセス
沈下状況を測量し、リフトアッププロセスを解析します。 多数のリフトアップジャッキ解析によって得られた最適位置にセットします。 ジャッキを集中管理しPC舗装をリフトアップします。 持ち上がった版の下の空隙を特殊グラウトで裏込めします。

PC舗装(リフトアップ工法)
このページのTOPへ
一覧はこちら