沿革HISTORY

株式会社 ニューテック康和の歩みHISTORY

社会資本整備のため新設構造物が盛んに造られていた時代の1985年12月、ピー・エス・コンクリート株式会社(現 株式会社ピーエス三菱)にメンテナンス室が誕生し、今日を見越し「補修・補強技術」にいち早く取り組みはじめました。株式会社ニューテックは、その技術を受け継ぎ、1991年8月にメンテナンス室を独立分社化し設立され、コンクリート構造物の補修・補強工事のパイオニアとして技術に磨きをかけ今日に至っています。

一方、康和建設株式会社は、1951年5月に設立された長い歴史を誇る会社です。近年は、道路舗装工事やその付帯構造物の維持管理を主な業務し営業展開をしてきました。
2007年10月に両社が合併し、株式会社ニューテック康和を設立しました。それぞれの得意とする技術の相乗効果により、コンクリート構造物はもとより、道路構造物においても総合的な質の高いメンテナンス技術を提供します。

1951年5月
東京都北区中里町2番地に康和建設株式会社を設立。
1967年12月
康和建設株式会社が新菱建設の傘下となる。
1975年6月
康和建設株式会社が三菱建設に全株式を譲渡。三菱建設の子会社となる。
1985年12月
ピー・エス・コンクリート株式会社の本社メンテナンス室が発足。
1987年7月
東京都港区赤坂三丁目16番5号に新栄産業株式会社が設立。
1988年6月
新栄産業株式会社が、新栄エンジニアリング株式会社に社名変更。
1991年8月
ピー・エス・コンクリート株式会社の本社メンテナンス室が分社化し、株式会社ニューテックを設立。
2002年10月
ピーエス三菱設立(ピー・エスと三菱建設合併)に伴い、康和建設株式会社が子会社に編入。
2007年4月
新栄エンジニアリング株式会社がピーエス三菱の子会社に編入。
2007年10月
株式会社ニューテックを存続会社とし、康和建設株式会社・新栄エンジニアリング株式会社を吸収合併。
東京都北区中里二丁目9番5号に、株式会社ニューテック康和を設立。

埼玉県越谷市大字砂原739番地2に越谷出張所開設。
2008年1月
特定労働者派遣事業(現:労働者派遣事業許可) 厚生労働大臣許可[派13-308646号]
2010年3月
沖縄県那覇市前島2-21-13に沖縄営業所を開設。
2010年10月
(有)ながの(周南市)子会社化し、株式会社ながのを設立。
2011年1月
神奈川県横浜市中区万代町2-4-5に横浜営業所開設。
2012年5月
滋賀県甲賀市水口町水口6236番地に滋賀営業所を開設。
2012年12月
香川県高松市番町三丁目17番15号に四国営業所を開設。
2013年12月
東京都北区東田端二丁目1番3号(天宮ビル5F)に本社を移転。
2016年7月
岡山県岡山市北区京町3番21号に岡山営業所を移転。
2016年8月
株式会社亀田組を子会社化。
2017年10月
創立10周年を迎える。